えがおの黒酢・販売店

えがおの黒酢、販売店って?

最近評判の黒酢サプリメントは、街中の販売店でもしばしば見かけるようになりました。
ところで、えがおの黒酢の販売手は実店舗であるのでしょうか。
わたしがリサーチしたところでは、そういった販売店は見つけられませんでした。
インターネット上に設けられた販売店、あるいはなにかの広告を見て申し込むすなわち通販が、えがおの黒酢の購買ルートになります。
ほかのメーカーでも、「ネット販売限定」「通販限定」というサプリメントも多くみられますが、「えがおの黒酢」はその代表格といえるかもしれません。

 

えがおの黒酢は、累積販売個数が2200万袋を突破し、口コミでも大変に評判が良いものです。
鹿児島県福山町で醸成された壺酢を主要な原料とし、必須アミノ酸を含め20種のアミノ酸がもれなく入っていることとか、アミノ酸の含有量が普通の食酢の120倍、大豆ペプチド、納豆菌抽出物も配合と、もろみ黒酢を主体に、それぞれの特徴が生かしあって相乗効果までも期待されています。
それにしても、ネット上のバーチャルな販売店だけで、えがおの黒酢が群を抜いて販売実績を積み重ねてきたのは、はた目には奇跡に映るかもしれません。

実店舗の販売店網に必要な経費をユーザーに還元できる

販売店がインターネット上の公式サイト限定というのは、サプリメント業界ではしばしば見られる販売形態です。
概して原料の希少性が高いほど、通販に重点が置かれるようですが、えがおの黒酢の元となる黒酢にしても、原料が特定の産地に限られている事情もあり、販売店網を全国的に展開する位なら、その分サービス面で充実を図ろうとの販売戦略さえうかがえます。

 

一般に、質を追求すれば価格も高くなるのが世の常ですが、えがおの黒酢の場合、アルミ包装にするなど、コスト削減意欲が製品にも現れています。
高品質のサプリがリーズナブルに手に入るのは、ユーザーにとっても有難いことには変わりなく、最大で20%オフとなる定期コースも、毎日つづける人にとっては魅力的なオファーです。