疲労回復とアミノ酸

BCAA(分岐鎖アミノ酸)は疲労回復に欠かせない

アミノ酸は、タンパク質を構成する物質であり、疲労回復、エネルギー源となるなど、生命活動には欠かせません。
人間の場合、20種類が利用されていますが、その内の9種類は体内で合成することができず、必須アミノ酸と呼ばれ、食事等を通して外部から取り込む必要があります。

 

ロイシン、イロソイシン、バリンは、その分子構造からBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれます。
筋肉中のタンパク質の合成をサポートしたり、肝機能の向上に貢献したりすることから、疲労回復、体力向上などに有効です。

 

BCAA以外にも、トリプトファン、リジンも、疲労回復には欠かせません。
特に、リジンが不足すると、慢性疲労、貧血などの症状に悩まされることになります。

必須アミノ酸以外にもさまざまな働きが確認されています

必須アミノ酸以外にも、有益なものがあります。例えば、アスパラギン、アスパラギン酸は、新陳代謝を促し、エネルギー代謝を活性化させます。グルタミン、グルタミン酸も、疲労回復に貢献していきます。

 

他には、皮膚の潤いを保ち、肌の老化を防止するセリン、コラーゲンの主要成分となっているプロリンも、疲労回復に役立ちます。ダイエットや美容にも期待が寄せられているのです。

 

アミノ酸は、食品に普通に含まれているので、特に意識して摂る必要はありません。
そうは言っても、不規則な食生活などがたたって、栄養バランスが偏っているのが現状です。

 

昔から、疲労回復にお酢が良いと言われてきましたが、疲れた時に少量口に含むと、確かに元気が出てくるものです。
特に、熟成させた黒酢には、普通のお酢よりも含有濃度が高く、より効果が高いとされています。