黒酢の効能

黒酢の効能

お酢は、昔からある身近な調味料であると同時に、健康食品としても隠れた人気を保ってきました。
最近になり、パワーアップしたお酢として、黒酢の効能が急速に脚光を集めつつあり、業界でも注目の素材となっている状態です。

 

黒酢は、普通のお酢よりもはるかに長く熟成させてできるもので、1年から3年も寝かし付けておくのも、まれではありません。
長い熟成期間を経るということは、それだけ発酵も十分に進むということで、クエン酸、アミノ酸、コハク酸などの有機酸が、普通の食と比較して段違いに多くなっていきます。
またビタミン、ミネラルも豊富に含まれることから、黒酢の効能がさらに高まることが期待されます。

黒酢の働きを特徴づけるクエン酸とアミノ酸

黒酢の効能や働きを考えるとき、その成分が重要なヒントになります。
まず、あの酸っぱさのもとにもなっているクエン酸などの有機酸が豊富に含まれるということ。
これがクエン酸サイクルの働き、すなわちエネルギーの燃焼や代謝などに関連します。
一般的なクエン酸の働きとして疲労回復、食欲増進などの効果が見込めることから、疲れ気味の大人ばかりか、子供の健康増進にも役立ってくれることでしょう。

 

黒酢の効能として、血液に関連する作用も注目されています。
そういったことが気になる人の黒酢の摂取も増えているようです。

 

また、黒酢は、ダイエット目的で摂取を続けるユーザーも、比較的多いようです。
クエン酸やアミノ酸などがエネルギーの燃焼サイクルに必須であることが背景にあるのでしょう。
もっとも、ただ飲んでいれば良いというものでもなく、運動の前後に飲めば効果的など、自分なりの方法で、黒酢を利用することがポイントです。