黒酢と香酢との違い

香酢は中国の黒酢?

酢というと、様々な種類がありますよね。
黒酢というと、香酢と同じものと思っている方も多いと思います。
では、この黒酢と香酢の違いについて、ご紹介しましょう。
まず、香酢は黒酢と同じように、長い期間熟成を行って作られています。
香酢には、独特の香りがあることも特徴となります。
香酢にも、黒酢の様にアミノ酸やクエン酸が多く含まれており、脂肪燃焼効果がある酢となります。
また、女性には嬉しい、コラーゲンなどの生成も働きかけてくれる効果もありますので、美肌を目指している女性の方、老化防止をしたいという方には、おすすめの酢といえます。
これだけ見ていると、黒酢とそれほど変わりがない様に思います。
実際、「香醋は中国の黒酢」だと理解している人も多いですし、それでも大きな間違いではありません。

産地だけでなく原材料も異なる

それでもやはり異なるところがあります。
黒酢の場合には、玄米を中心に用いて作られていますが、香酢の場合にはもち米を用いて作られることになります。
また発酵などの際には、黒酢の場合には長い期間をかけて発酵を行うことになりますが、自然発酵という方法になります。
それに比べ、香酢の場合には香酢が出来上がるまで職人がつき、手を加えて作り上げていくことになります。
原材料がことなるため、またこのように製造方法が異なるため、香酢の方が酸度が高くアミノ酸の風味が強いのが特徴。
このように、大きな違いは「産地の違い」と「材料の違い」ですが、いずれも健康ブームのなかで盛んに健康食品として紹介され、サプリメントとしても人気を博しています。

黒酢と香酢との違い関連ページ

黒酢とは
黒酢とは普通の酢とは作り方が違います。じっくりと時間をかけて作られた黒酢には、クエン酸、アミノ酸などが多く含まれています。
メリット
黒酢のメリットとは?
デメリット
黒酢のデメリットとは?